或る女の徒然

ゆるく記録

子なしと子ありの職場事情

久しぶりの更新。

 

私の妊活も初めて半年が過ぎました。

そろそろタイミング法をやめて、人工受精を受けようということに。

新しいチャレンジが始まります。

 

話しは変わりますが、私の会社にはおよそ300名くらい女性社員がいます。社員全体だと1200人くらいかな。

私自身は間接部門にいますが、現業の部門よりは間接部門の方が女性比率は高いです。

なので、自然と未婚、既婚、子あり、子なしと様々な属性の女性が入り乱れることになります。

 

基本、 子持ちの方々は急いでいます。

定時には帰らないといけないから。

 

でも時短社員の方々が帰る頃ってまだこっちはバリバリ業務中だから、彼女たちが担当してる業務関連の電話が鳴って声をかけると、

「なんですか💢」「えー」的な反応が返ってくることがたまにある。

 この間、学生さんから面談のリスケリスケお願いの電話が16時前くらいに入った。

時短社員さんの担当業務だったから、「どうします?」って声をかけた。

 

そしたら

「いま?」

「また?ありえない。断ってください!」と。

 

なんだか軽く相談したつもりだったのに、ものすごい反応が返って来て、びっくりを通り越して怖かった。

母親からものすごい剣幕で怒られたような。

あと学生さんも色々と事情があったんだろうし、リスケくらいしてあげたらいいのに。

しばらくモヤモヤしてしまった。

 

------

あとからよくよく考えると、あの時点では時短社員さんに相談しないほうがよいのだ。

 

もう直ぐ帰る時間なのだし、私や課長が良いと判断したことをすればよかっただけ。

 

それは教訓として今後に活かすとしよう。

 

そんなことより私が問題だと思うことは、

「そんな学生いらない」と簡単に内々定者を否定したり、ぶった切っちゃうこと。

 

あくまで、面接を全部通ってきた学生だよ。

すこしくらいのリスケに応じてあげてもとわたしなら考える。

この会社に、合う合わないを学生だって見極めたいだろう。

だから、それに対して協力はしてあげたいとおもうのだった。