或る女の徒然

ゆるく記録

ホッとする電話もある

久しぶりに弟と話をした。

 

一緒に祖母のお見舞いに行こうという話をしていたのだが、昔話をしたり、仕事の話をしたり、なんだかんだと話題はつきない。

 

カウンセリングに1年通ったことを今日弟に初めて話した。

流石にびっくりしていた。

そりゃそうか。

 

ただ、弟と私の感覚は其れ程かけ離れてはいないらしく、やはり母の相手は疲れるよねという話になった。

 

久しぶりに弟から優しい言葉をかけてもらったような気がする。

素直に、兄弟はありがたい存在だなと思う。

 

そんな電話があったから、掛かってくる電話すべてに恐々する必要は全くないなぁと思った。

 

これもまた認知の歪みだなぁ。