或る女の徒然〜子育て中〜

38歳2児の母親です。起こったことをゆる〜く記録していきます。

38歳ワーママの私が涙した 「チェリまほ」と「わたナギ」

■しんどい年だった

2020年という年がこんなに予定外だなんて誰が予想しただろうか。コロナ禍が訪れ、オリンピックが延期になって、好きに旅行へ出かけたり、会いたい人に会えなくなったり。とても窮屈な思いをした1年だった。

私は38歳で、夫と2人の子どもがいる。

今は育休中で、そして腐女子です。


子どもができるまでの私は、仕事人間だったと思う。日を跨いで夢中で仕事したこともあるし、出張だって北海道から九州まで駆け回っていた。社内では珍しく二階級特進して、評価もしてもらえた。自慢をしたいわけではなくて、私は仕事するのがとても好き。


でも、子どもができてからは、持てる力を仕事に全振りすることはできなくなった。お迎えの時間には絶対間に合うように帰らないといけない。お粗末でもご飯を準備して、お風呂を沸かして入れて、洗濯機は最低でも1日おきには回して。子どもが風邪を引けば仕事をお休みせざるを得ない。夫が休んでくれることもあるけれど。

家のなかに2人子どもがいると、掃除してもすぐに散らかるし、食べ残しがべとついたりすることなんて当たり前。ママ、ママとひっついて来てくれる息子たちは可愛いし、幸せだ。けど、家事はすすまないし、だっこ要請も多いし正直しんどいこともたくさんある。

なのに、やったことにわざわざありがとう、って言ってもらえることも少ない。当たり前を支える仕事のなんと報われないことか。


「私」の輪郭はどんどん薄くなり、「母親」としての義務と責任がくっきりはっきりして、一体自分はどんな人間だったのか、何が好きだったのかも分からなくなっていく。

シンクに溜まった食器や、ソファに積み重なった洗濯物、出しっぱなしのおもちゃ。

目の前の現実に、苛立ちがつのってしまう。仕事だけして充実していた自分とのギャップにまだ苦しむ。小さな子どもが2人、背負う荷物が重過ぎて、押しつぶされて自分が無くなってしまいそうになるのに、自分をケアすることもままならない。


そんな自分の、この1年に、寄り添い癒やしてくれたのは、2つのドラマだった。

 

■「わたナギ」と「チェリまほ」

 

それは『私の家政婦ナギサさん』(以下「わたナギ」)と『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(以下「チェリまほ」)だ。

 

もうだいたい知ってる!という人が多そうな気がするので、あらすじを知りたい方はこちらへ。

火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』|TBSテレビ

【木ドラ25】30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい│テレビ東京

 

正直にいうと、大大大ヒットだったのは「チェリまほ」。なんて凄いものを作ったんですか、テレビ東京様。


丁寧に丁寧に安達と黒沢2人の物語を実写化してくれて、主演の2人がこれでもかと素晴らしい演技で私たちチェリまほ民を殺しに、いや感動の渦に巻き込んでしまった。

私はおおよそ25年来の腐女子だが、今この時に生きていて良かったなと思えるほどに素晴らしいドラマになっていると思う(色々な意見はあれど、だ)。


その「チェリまほ」がクリスマスイブに最終回を迎えた。もちろんわたしはそれを徹夜で見届けて、とても幸せだった。泣いた。スピンオフもすぐチェックした。可愛いの大渋滞。公式が神。


その翌日から、なぜか私の胸はザワザワした。私はこの「チェリまほが好き」という気持ちを、一体どうしたらいいのかわからなくなってしまった。


正確にいえば、「早く忘れなくてはいけない」と思う自分がいた。


朝焼けの空に、昼下がりの暖かさに、深夜の漆黒に、ちょっと思い出しても泣いてしまうほどに、私はチェリまほを愛してしまった。

だけど、心を奪われたまま、チェリまほという魔法がかかったまま、このままで私は大丈夫だろうか。

何故かとても不安になったのだ。

 

■ナギサさんが一挙放送された

そんな時、ちょうど「私の家政夫ナギサさん」が一挙放送。リアルタイムでも楽しんだのだが、わたしは一挙放送で3話を見て、またしても号泣した。

 

28歳の主人公相原メイ。仕事に生活を全振りする姿はとても眩しくて、一生懸命で、昔の自分を思い出してしまう。そしてメイにかかった母からの呪い。なんでもできないといけない、やればできる!

呪いに押し潰されそうなメイに「お母さんになりたかった」ナギサさんがかける言葉はとても優しい。本当に、お母さんから言われたい言葉ばかり。癒された。泣けた。

しかし、私は草刈民代演じるメイの母親、美登里にも物凄く感情移入してしまった。

家事が得意でない美登里が「母親らしいことをしてあげられなかった」と後悔し、メイが倒れても何をしてあげたらいいのかわからないととまどう。そして、

「私なんかよりあなた(ナギサさん)を娘は必要としている」

という母、美登里に、ナギサさんはいう。

「お母さんにしかできない仕事というものがあるとおもうんです。ただ、一緒にいてあげるだけでいいんです」

そして美登里は不器用ながらメイにおじやをつくってあげる。
わたしの涙腺はここで決壊した。

そしてわかった。


「チェリまほ」を愛しすぎて怖くなったのは、ただの「役割ぬきの私」がむくむくと大きくなって、母親の役割を投げ出しそうな自分から出たアラートみたいなものだったのかもと。


「母親としての私」を癒やしてくれたのは、ナギサさんの言葉だったのだ。

 

■黒沢の愛は尊かった


そして、「役割抜きの私」を癒やしてくれたのは黒沢の言葉だった。


話をチェリまほに戻す。

 

12話で私が一番ぐっときたのは、約束の地、アントンビルの屋上。

魔法がなくなったら黒沢とうまくいかない、自分に自信がもてなくて、魔法に負けてしまった安達。一度は別れを選んだものの、やっぱり黒沢といることを選び直した安達に、黒沢が言うこの言葉だ。


「魔法は関係ない。

安達を好きな気持ちに。

ずっと見てきたんだ。

魔法があったって、なくったって、

安達は安達だよ」


ドラマの黒沢は7年の長きにわたって安達に片思いして来た。その黒沢を持ってしてのこのセリフである。嘘偽りのない言葉。

私の心の奥の奥を触られたようで、泣いてしまった。いくら役割を負ったとしても、私は私なのだ、そのままでいいと許されたような気がした。

妻とか、母とか、娘とか、会社員とかそんなのぬきで、ありのままの私でいいと。

 

BLというファンタジー、装置のよさはここにある、と私は思っている。

 

■「チェリまほ」はまた新たな希望になる

 

ドラマチェリまほの凄いところは、安達と黒沢、キャラクターの完成度の高さだと思う。

 

安達の中に、だれもが自分を見い出しはしないだろうか。

なかなか自分に自信が持てない、自分なんか大したことない。誰かに、何かに一歩踏み出すのには物凄く勇気がいる。自分で自分に期待しないし、なかなかOKなんて出せない。

モサくて、冴えない、安達のルックスだけでなく、ビクビク、オドオドしながらも少しずつ成長する安達に、子犬のような目をした愛らしい赤楚衛ニはぴったりハマっている。


そんな安達に想いを寄せるスーパーエリートイケメン黒沢がしてくれること。心の中で言ってくれ言葉。全てにおいて暖かく、優しい。

安達がくしゃみをすればマフラーを凄く丁寧に巻き、怖い輩から守り、傷の手当てをし、体調がわるいことにすぐに気がつく。倒れそうになればお姫様抱っこだし、一晩中看病して朝にはお粥を作ってくれる。

そして、安達に対して妄想は繰り広げつつも、控えめに、健気に想いをもち続けていく。


黒沢みたいな人はいない、いるわけないと思うのが普通だが、町田啓太はそんな黒沢を見事にリアリティーある人物に仕立て上げている。黒沢の真剣な想いを繊細に上品に嫌味なく、これでもかと安達に差し出してくる。その姿が健気で美しすぎる。

 

原作の実写化はいつだって難しいし賛否両論ある。だから、原作がBLなら、もっと難しいのは簡単に想像がつく。
そこをこじ開けて実写化するパワー、思いを持った方々がいる、それ自体がありがたい。さらに演者さんがこれでもかとハマっていて、制作の方々がこだわった画面を作ってくださった。それに対して感謝しかない。

BLならもっとここまで!とか、なんでこのシーンが無いのかなとか、もちろん沢山の色々な意見があることを踏まえても、それでも私は「チェリまほ」は私にとっての新たな1つの希望になったといいたい。

BL作品にしかできないこと、与えられない救いみたいなものがあるから。

 

だから私はこれからも、好きなものは好きでいようと思う。

そしてその私も、母親としてのわたしも、なるべくOKを出せる自分になれるように生きていこうとおもう。なかなか難しいけどね。

年末に癒された私、来年もがんばれそうです。

 

ここまで読んでくださったかた、ありがとうございました。

 

 

久しぶりの更新

2020年になって、はや364日。

今日で1年おわり。

 

しばらく振りに、このブログを動かします。

 

私は38歳になりました。

そして子どもは2人になりました。

 

2018年以上に、慌ただしい感じになっております。

 

その私が感じたことをつれづれにまた書きます。

出産の振り返り②〜無痛分娩〜

こんにちは。tasmです。

 

また大分日付があいてしまいました…やはりマメではない私です涙

 

さて、今回は無痛分娩について振り返ります。

 

なんで無痛にしたの?

そもそも、以前から産むなら無痛にしようと思っていました。

 

何故なら、出産経験者の皆さまみんな口を揃えて、

「生きてきた中で最大級の痛み」

「手足を切られるような痛み」

などと、私を脅すのですもの…。

 

痛みに弱く、小心者の私は、「普通に産むなんて無理」とハナから無痛分娩にする気マンマンでした。

 

幸い実家の近くに無痛で有名な東京衛生病院もあったので心拍確認してすぐに予約をしに病院に行きました❗️

 

無痛分娩にする!ってすぐ決めないとダメなの?

 

私が出産した東京衛生病院は無痛分娩を40年前から実施していたようですが、自然分娩も可能でした。

私も無痛だと痛くなくていいなぁくらいに考えていましたが、もちろん必ず大丈夫!という保証があるわけではありません。

関西のいくつかの病院で悲しい事故が起こっていましたし、私の両親も「大丈夫なの?」と心配していました。

副作用で頭痛が起こった方もいるようですし、それも嫌だなぁと思ったこともあります。

病院では、すぐに決める必要はなく、当日に「無痛にしたい!」といっても対応できると言われていました。

 

その後、同じ病院で出産した友人や無痛分娩を経験した方の話を聞いたり、病院の両親学級などで無痛分娩について聞き、十分に考えたうえで、決めることができました。

 

で、無痛分娩はどうだったの?

結果的には、私は無痛分娩にして大正解だったなと思います。

 

なにより、分娩時の痛みを感じる事なく赤ちゃんに会えますし、産後の体力温存にもなると思います。

 

ただ、忘れちゃいけないのは「無痛」というよりは「和痛」であると言う点です。

つまり、全く痛くないってことはないということです。

 

こればかりは人によるし、赤ちゃんの状態にもよると思うのですが、麻酔で陣痛の痛みを和らげると分娩の進みが遅くなります。

だから、赤ちゃんに会うまでにかなり時間がかかる場合があるみたいです。

 

私は計画分娩をすすめられたので、決められた日に入院し、バルーンを入れ、子宮を開いていきました。そして入院翌日の朝には人工破水を行い、子宮内は羊水が無い状態になります。

羊水が無い状態で無痛分娩を進め、あまりにお産が進まないと、赤ちゃんにも負担がかかるうえ、最悪帝王切開になってしまうこともあるようです。だから、麻酔を切って、陣痛を促し、お産を進める必要がどこかで出てきます。

 

私もそうで、子宮口は開いていても赤ちゃんが下に降りてこない。出産が長引いて赤ちゃんが苦しむのは嫌なので麻酔を切りました。

麻酔を切るともちろん陣痛のいたみがモロに来ます。赤ちゃんが骨盤に向かってグリグリ〜っとするのも感じます。泣いちゃうくらい、痛いです❗️

麻酔が効くから全然痛くないんだ!と思って臨むと、びっくりしちゃうかもしれません。

 

子宮口が開き、赤ちゃんが十分下に降りてきてからは、無痛分娩はきっとものすごく楽なんだと思います。

分娩予備室から分娩室に移動するとき、両親と夫にピースして、「行ってきますー」と言うくらいの余裕はありますよ(笑)

うちの母はそれを見て、

「あの子大丈夫だわ」

「無痛分娩すごい」

「この病院もプロや!」

と思ったそうな。

 

もしもう1人産むとなっても、やはり私は無痛を選択すると思います。

そのくらい、とても穏やかに出産をすることができたのではないかなぁと。

 

いかがでしたでしょうか。

これから出産される方の参考になればと思います。

 

 

出産の振り返り①

久しぶりの更新になりました。

tasmです。

 

5月に無事長男を出産しました!!

体重は3396g、身長は50cm。

分娩にかかった時間はおよそ12時間でした。

 

書いている今日時点で、息子は3か月と22日。

7日間病院で過ごしたあと、実家におよそ1か月半お世話になり、

6月下旬からは自宅に戻りました。

3週間ほどワンオペ育児をしたのち、夫が育児休暇に突入。

9月末までは家族3人で暮らします。

 

夫も育児にだいぶ慣れてきたので、ここいらでブログを再開しようかとおもい、

ノートPCに久しぶりに向かっています。

 

息子がうまれてこの3か月半、いろんなことを考えたり感じたりしたので、

これから出産される方の参考になれば…とも思っています。

 

正直なお話、まめな性格ではないので(笑)続くかどうか不安ですが、

思いつくままに書いてみようと思います。

 

34w〜36w 息子氏巨大化のため計画出産早まる

久しぶりの更新です。

実は、計画は5月18日予定だったのですが、息子の成長が著しすぎて、分娩予定が早まりました❗️❗️

 

息子氏、途中までは成長グラフ標準くらいだったのですが…いつのまにか2wで400g〜500gくらいずつ成長しとります。

 

28w  1300g

30w  1800g

32w  2200g  ←うーん、18日だと遅いかも…次回決めましょう!

34w  2600g  ←18日予定をキャンセル。

                         ベットの空きを待つことに。

36w  3100g  ←いまココ 

 

病院の方針で、巨大児が生まれそうという予測が成立しそうなので、1wちょっと計画を早め、7日〜10日の間に計画分娩しましょうということになりました。

ベットのキャンセル待ちです。

数日間、入院日が不明なままになって、ちょっと不安でした…。

でも、思ったより早めに病院から連絡あり、7日で案内できますとのこと。良かった✨✨

 

おそらく来週になる頃には3300gくらいになっているだろうし、産科の先生からも37週入れば産んで問題ないといわれているので、安心してお任せしようと思っています。

 

無痛分娩で有名な東京衛生病院、私の大学同期も同じ病院で産み、「あそこはプロフェッショナルの集まりだから安心して!」と太鼓判おしてくれているので、身を任せます。

 

しかし、3kg超えかぁ。お腹重たい訳だ…。

私も旦那も4000g近くで生まれて来たみたいなので、まぁその息子なら仕方ないよね〜と両方の実家からも言われたり笑。

 

いよいよ入院まであと3日。

ベビーグッズもひと通りそろえたし。

準備はなんとか間に合った(汗)

ドキドキしつつも楽しみなような気がします。

息子も私も無事に生還できますように❗️

 

26w マタニティ・ブルー??

最近は、お腹も大きくなり、だいぶ通勤もしんどくなってきた。

 

特有の圧迫感があり、歩くのもしんどければ、立ちっぱなしもまたしんどい。

 

いい加減、立っての通勤は諦めて、座って通勤できる時間帯までシフトをずらした。

もうすぐ産休だからと詰め込まれている仕事をこなし、食事も体重が増えすぎないように質素にし、甘いものも控えている。

 

駅から家に帰るまでの、たった10分の徒歩も、結構長く感じ、自分の歩くスピードが大分ゆっくりだからだと気がつく。

 

すべては変化している。

 

ふと、とある家の前を通りかかったとき、その家では夕飯の支度をしていたのか、物凄く心地のいい、温かい、美味しそうな匂いが鼻先に香った。

 

それは、その時、その瞬間の私にとって、とても暖かい家庭のにおいとして認識され、ノスタルジックな気持ちに捕らわれた。 

 

こんな幸せな匂いのする家庭を、いまこの状況の連続の先にある、1年、2年先の私が作れるのだろうか??

シンクに溜まった食器も放置してしまう私が。

着ていた洋服も脱ぎ散らかしてしまう私が。

仕事をしながら、本当にそんなことが出来るのか。

今まで考えたこともない考えに捕らわれてしまった。

 

疲れていたからかも知れない。

最近、自分を労っていなかったからかも知れない。

無性に胸がざわついた。

 

頑張ったねとただ単に、誰かに労ってほしい。頭を撫でて、抱きしめてもらいたい。

私の中の、息子ではない、小さな少女のわたしが暴れている。

 

でも、一方で、お腹の中の息子が私を蹴る度に、もう少女ではいられないと言われている様な気がする。

お前は母親になるのだと。

頑張ったからといって、褒められることも少ない、名前のつかない、やって当然の家事や育児の世界へ行くのだと。

 

これが世にいうマタニティ・ブルー??

 

不要なチラシのごとく、引き裂かれた様な、ぐちゃぐちゃに丸められたような気持ちで、たくさん泣いてしまいそうな、今夜はそんな夜だった。

 

 

君は道具ではなく、その名が似合う人になるんだ

じつは、私は結構アニメを観ます。

 

アニメというと色々誤解される方もいますが、結構シリアスで考えさせられるいいアニメってたくさんあると思ってます。

 

私は小学生から大学生くらいまで、ずーっとアニメを楽しみながら生きてました。

社会人になって見る暇がなくなり、10年ブランクが空いて、アニメ好きな夫と付き合うようになってまたちょくちょく好きなものだけ見るようになりました。

夫からはCLANNADシュタインズゲートSHIROBAKOなんかを勧められて、良い意味でヘェ〜っ(イイじゃん!)と思った記憶があります。

 

毎クール、これは!と思う作品があったり無かったりですが、タイトルにした言葉は「バイオレット・エヴァーガーデン」という作品のなかに出てくるセリフです。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト

 

主人公のバイオレットは幼い頃から軍人として、兵器として育ち、感情を持ちません。戦争が終わり、彼女に残ったのはずっと付き従ってきた少佐からの「愛してる」の言葉だけ。少佐からの次の指示はありません。「愛してる」という言葉がなんなのか、どういう気持ちなのかも彼女には分かりません。

彼女は自動手記人形になり、文字が書けない人に替わって手紙を書く仕事を通じて人間の感情を理解してゆきます。

 

このアニメは作画のクオリティが非常に高く、放送開始前から気になっていましたが、ストーリーも音楽もとても良くできているなぁと感心しています。

戦後の復興に向けた世界で少女が仕事を通じて人間の感情を理解し取り戻してゆく、という意味では、お仕事ものにも通じるところもありますかね。

 ***

 

バイオレットは少佐からその名前を貰ったわけですが、私も今まさに、お腹の息子君の名前を考えている真っ最中。

名付ける方は、程度の違いこそあれ、何らかの願いみたいなものを込めて名前を付けますよね。

小学生くらいになると、名前の由来とかを親に聞いてこい、みたいな宿題とかが出た様な気がします。

 

もし子供が出来るようなことがあれば、名前が重荷にならない様にしてあげたいなぁ、と思っていました。

とくに女子の名前は「美しさ」「可憐さ」「清純さ」「華麗さ」など、本人の物理的な身体的特徴や、メンタリティとのギャップなんかが本人を苦しめることもあるのかなぁと思う節もあり、気をつけないと、と勝手に考えていました。

 男の子だとどうなんだろう?名前で苦しむことってどのくらいあるのだろうか?なんて事を夫と考えたりしています。

 

タイトルのセリフは、少佐がバイオレットにむけて言ったセリフですが、「その名が似合う人になってほしい」、という願いは親になってみると凄く理解できる心情ですね。

 

自分の事を思い返せば、自分が名前にふさわしい人になっているか否か、なかなか分かりません。思春期なんて、「私は名前負けしてる!」と思い込んでいましたし、しばらくカウンセリングに通っていた頃も自分の名前と自分の性格は正反対だと思った事もあります。

よくよく考えたら、名前は気がついたら付いていて、自分とは別人格の親から与えられたものなんですよね。しかも勝手な願いが込められている。子供自身が生きていく上で、どんな経験をしてその名と付き合って行くかは、結局は子供の受け止め方次第な所もあるのかもしれません。

 

でも、その名がきっかけとなって素敵な出会いを得ることもあるでしょう。(私はあったと思う。)

名に似合う人になろうという目標のような、道しるべのようなものにもなりうる可能性があるかもしれません。

そんな人生の節々に寄り添う名付けができたなら、とても素敵なことですよね。